3月のソフトクリームは、トゥリリアムオカダファームです!

12805980_813624592075964_5699841141704417596_n

【トゥリリアムオカダファーム(遠軽町白滝)のソフトクリーム!】
今月は、トゥリリアムオカダファームさんのソフトクリームです。
岡田秀雄さん、岡田ミナ子さんは、ちょうど私が生まれた昭和51年に白滝村に入植されました。
ミナ子さんは、もともと世田谷区出身のお嬢様。近くに1軒だけ酪農家がいたことが、彼女の運命をかえました。
いまでこそ「6次産業化」「農業女子」などがブームになっていますが、ミナ子さんは、40年前から、ひとりで奮闘してこられました。
放牧酪農、乳製品加工、そして豚を放牧で飼い、その食肉加工など、「本物」を伝えるため、できることを全て行い、百貨店の催事などの道も開拓してこられ、都内の顧客は6000人を超えるといいます。
その半世紀は、「幸せな豚は美味しい」という本でまとめられ、新規就農者や、女性農業者にとってのバイブルになっています。

現在まで、農業経営者会議副会長、北海道過疎対策委員、北海道農業担い手育成センター就農アドバイザー、北海道指導農業士会の副会長などをつとめ、担い手の育成に尽力されています。
私も、網走支庁時代に大変勉強させていただいた方のひとりであり、東京農大卒業後、今後の生き方に迷っている若い子を1年間引き受けていただいたご縁もあります。
「今の世の中、売り手は流行に振り回されており、もはや何が本物か分からない世界になっていると思います。だから、本当の味が分かる人に届けたい。酪農にはいろいろな形があると考えて下さい。当初、豚20頭を飼い、『養豚』ではなく、牧場で放し飼いにする『放牧豚」が話題となりました。私たちは自然放牧ではないし、集約放牧でもない、いうならば、『自由放牧』です。牧場を元気に走り回っている豚は健康そのもので美味しいのです。」

そんな女性起業農業者の先駆者であるトゥリリアムオカダファームのソフトクリームを、ぜひお楽しみください!
(岡田さんから、ご案内のはがきが届いている顧客の方には、ソフトクリーム100円割引となります。)