北海道酪農が福岡被災地の元気に

30-03-01

先日、九州北部の大雨災害における炊き出し支援に対して、食材支援を全国の生産者にお願いし、たくさんの野菜などを支援いただきました。

このたび、カルビー(株)グループ労働組合さまから、朝食用のシリアル「フルグラ」を支援として提供いただけることになりました。
また、(支援は売名行為ではないので、企業名は明かさないでとのこと)北海道内の乳業会社2社から、常温で長期保存が可能な北海道のLL牛乳を提供いただけることになりました。これらの乳業に対しては、北海道の農業団体の方が情報をつなぎ、一部金銭的支援をしてくださりました。

これで、グラノーラに牛乳をかけて、朝食で食べることができます!
これらの支援物資は、NPO法人BOND & JUSTICEが、避難所でのニーズを聞き取りをしたうえで、必要としている避難所に搬入することとしております。
避難所の朝食に栄養と笑顔を。北海道の酪農家6000戸の想いでもあります。

何かをしてあげたい!と思う気持ちを、しっかりと現場の最前線で状況をつかんで、おつなぎする。
今回、企業協賛をつなげることができたのも、今後の支援のかたちとして、一歩前進になったと思います。

これからも、みなさまの「なにかしたい」の気持ち、エネルギー、お金を、ちゃんと生かしてくれる方々とお繋ぎいたします。